研修の大事さ

管理職になると、今までの一般社員とは違って、様々な責任も増えていきます。そんな管理職の方向けに、様々な管理職研修を行っているコンサルタント会社があります。そんな管理職研修の価格について説明します。管理職研修には、様々なタイプがあります。社内に講師を研修を行うもの、また、外部施設に行き、様々な会社の管理職を対象とした外部の研修、そして、1日限りのもの、何回かコースになっているもの、1泊2日など宿泊して研修を行うものなど様々です。社内で行うものは、会場代もいらないため、安く抑えることもできます。内容や会場の有無などによって金額も異なりますが、一般的によく行われているものは1人当たり1日で2から5万円程度のものが多くあります。

管理職研修は、管理職の方向けに、部下の指導方法や評価の方法、組織のマネジメント力やリーダーシップや仕事の効率化などを学びます。また、一般社員と部長や幹部社員などの間に立った立場のあり方なども学んでいます。そんな管理職研修の特徴として、最近では、セクハラやパワハラ、コンプライアンスにおいて、非常に重要だと考える会社も増えて、管理職に必要な知識に加えて、それらのコンプライアンスの考え方、管理職に必要なコンプライアンスのあり方などを組み込んだものも増えており、現在のニーズに合わせた研修が行われているのも特徴です。また、管理職になった人だけでなく、管理職になって年数が経っている人にも、管理職の重要性を再度確認するために、管理職の年数によって様々なコースを展開しているところも多くあります。